他の公営競技と比べても、競輪は人間臭さを肌で感じることができます。

他にはない「人間臭さ」

トップページでも紹介していますが、競輪は公営競技の中で唯一、人間の持つ力だけで競走を行う純粋なスポーツ性が魅力です。
そして、その中には他の公営競技にはない「人間臭さ」があります。

 

頭脳戦で駆け引きの重要性が大きいことが、人気を集めている要因のひとつです。

 

競輪における「人間臭さ」

競輪における「人間臭さ」とは主に次の種類があります。

  • 努力
  • モチベーション
  • プレッシャー(メンタル)
  • 駆け引き
  • 連携や判断

競輪は筋力と自転車で動力を生み出す競技です。
自転車の性能には差がなく、セッティング次第で優劣に影響が出ることが若干あります。

 

一見、実力主義の世界に見えますが、競輪は同じメンバーで争っても順位がレース毎に異なる場合があり、明らかな格下選手がトップ選手を打ち負かすことがあります。
人間の力だけでゴールを通過するまでの速さを競うルールで、これほど順位変動要因が大きい競技は他にありません。

しかし、運の要素は競馬や競艇、オートレースに比べて少なく、実力を出し切ることや戦略次第で安定した結果を残すことができます。

 

努力で勝敗が分かれる

 

努力と研鑽を積む競輪選手のイメージ

 

競輪は筋肉や瞬発力が重要で、選手はトレーニングを日課にしています。
実力がある選手でも努力を怠れば結果が出なくなりますし、過去の実績や年齢に関係なくトレーニング量が増えれば成績が向上するものです。

 

そして、競輪は他のプロスポーツと違って明確なオフシーズンがありません。
選手は1年中、気を抜いて休められる時間がないのです。
過酷な環境で闘っている競輪選手だからこそ、他にはない人間臭さが出ているのでしょう。

 

モチベーション

人間の能力はモチベーションの高さで大きく変わってきます。
競輪選手のモチベーションが変わる要因をご覧ください。

 

  • 賞金
  • ライバル(出走するメンツ)
  • 階級が決まるタイミング
  • プライベートの影響

 

様々な要因で選手のモチベーションとコンディションが変わってきますので、競輪予想では選手の取材情報レース前の顔つきレース後のインタビューが重要になります。

 

プレッシャー(メンタル)

重要な場面ではプレッシャーがかかるもので、トップ選手へ上がるにはプレッシャーを力に変えて120%の力を発揮しないといけません。

 

プレッシャーに負けて実力を出し切れない選手や、モチベーションの問題から重要な場面でプレッシャーすら感じない選手がたくさんいます。
メンタルによる影響が顕著に表れるため、競輪には他の公営競技以上の人間臭さが出ているのでしょう。

 

駆け引きが重要な頭脳戦

ペースメーカー(先頭誘導員)がいなくなってからは、空気抵抗の影響で先頭を走る選手が不利になります。

 

ポジション取りの重要性が高く、レース中の駆け引きが顕著に出るため、肉体を使った頭脳戦を楽しむことができます。

 

レース中の駆け引きがあるのは他の公営競技も同じですが、スタート直後の牽制勝負所での強引な仕掛けなど、競輪は初心者でも選手同士の駆け引きが明確に分かります。

 

連携と判断について

 

連携を取る自転車競技の選手たち

 

競輪は2~3人の選手が協力する「ライン」を組んで走る手法が浸透しています。
強いラインに入ることや、レース展開次第で当初予定していたラインから外れることがあるほか、時にはライン連携するよりも個の利益を優先しないといけません。

 

選手同士で信頼関係を築ける人間性が高い選手や、良い所を持っていくズル賢さを持っている選手は良い成績を残せます。