地元選手は、熟知しているコースで有利に立ち回ることが出来ます。

競輪選手-地元選手

競輪には「地元選手は2割増し・3割増し」といった格言があり、地元選手を優先的に応援するファンが多く、慣れ親しんだコースを熟知したアドバンテージと声援の後押しによって地元選手の優位性が高いです。
各競輪場の公式サイトでは、地元選手を紹介するコーナーを用意しているので、地元の有力選手情報をチェックしてみてください。

 

人気選手の条件

競輪場は全国43場あり、競輪選手の人数は約2,200人なので、1場あたり地元選手が50人前後いる計算です。
開催日によっては地元選手中心の斡旋(出場)になり、必ずしも地元選手全員の人気が高いワケではありません。

 

常連のファンから人気を集める選手は以下のパターンがあります。

 

  • トップ選手(級別が高い)
  • イケメン選手
  • 過去に最前線で活躍したベテラン選手
  • 女性選手
  • ホームコースならではの勝ち方が得意な選手

 

実績とルックスが良い選手には人気が集まるのは当然ですよね。
女性選手は各競輪場に数名しかいないため、ガールズケイリンは地元選手中心のメンバーで開催されることがなく、常にホームVSビジターの構図ができます。
ルックスのほかに、普段から全国のライバルと戦う機会が多い特性も地元ファンから声援を受けやすい要因です。
競輪場は場所によって観客が求めている勝ち方(決まり手)が異なり、地元の利を活かした豪快な勝ち方が多い選手も人気を集めています。

 

地元の選手を応援する女性

 

地元が有利な理由

地元選手が有利な理由は以下の3点です。

 

  • 地元ファンからの声援を力に変える
  • 走り慣れたコースの形状を熟知し、最適な走行ラインを走れる
  • 地元選手同士が結束してラインを組む

 

重賞など地元選手と全国の猛者が集結するレースでは、ファンだけではなく選手も「たとえ自分が勝てなくても地元選手に勝って欲しい」と思っているものです。

 

競輪はラインが重要で、地元選手同士でラインを組めるメンバーでは結束力が強いため、ライバルよりも有利な展開に持ち込めます。
このようにコース形状を熟知していることと、チームプレーでビジター勢をリードできることが地元の有利な理由です。

 

なお、競輪場のバンクは1周の長さが3パターンに分類されているほか、同じ距離でも競輪場によって角度などの形状が異なります。
バンクによる違いや特徴を知りたい方は、こちらのページをご覧になってください。

 

期待値や勝率は?

競輪はレースによって地元選手とビジター選手の割合が異なり、勝率など数字で表れる明確なデータはありません。

 

地元選手が有利なのは確かですが、B級選手がA級選手相手に優位に立てるほど期待値がアップするワケではありません。
参考までに立川競輪場の開設記念/特別競輪の場合、2020年までの直近20年で登録地「東京」の選手が1人も勝っていません

 

地元選手の車券だけを優先的に買っても利益は出ないことを理解しておいてください。
選手個人だけではなくラインの状況によって優劣が変わるので、レースごとに地元選手の優位性がどれほど高いか見極めることが大切です。