【スマートライドアクション】東京スマートライダーでは、自動車と共存し、交通事故を減らすための行動である「スマートライドアクション」を呼びかけています。
1日約110万台の車輌が行き来する首都高ならではの豊富なデータと、東京スマートドライバーに寄せられた市民の声、そして、スマートライダー立ち上げに賛同してくださった方々のアドバイスを余すところなく提供したいと思います。どんな時、どんな運転をすれば、より安全に、よりスマートに運転できるのかというナレッジをみなさまにお知らせしていきます。このアクションを身につけて、路上のリーダーを目指しましょう。

5 TSR KNOWLEDGE スマートな走りを実施するスマートライドアクション

  • 【1.GOOD RIDING】全身の無駄な力を抜いてリラックス。バイクと一体になって走りましょう。
  • 【2.EARLY BRAKE】カーブ手前の直線でスロットルを緩め、減速&シフトダウンをしてからカーブへ。心の余裕が大事です。
  • 【3.WINKER COMMUNICATION】進路、車線変更時のウインカーや渋滞時のハザード。早めの表示が、自動車と仲良く走る秘訣です。
  • 【4.KEEP DISTANCE】自動車との距離を十分に取れば、事故も渋滞も起こりにくくなります。混雑時は「学校のプール(25m)」分の確保がひとつの目安です。
  • 【5.USE INFORMATION】出かける前に、道路状況をインターネットやラジオで調べ、ルートを確認しておく。余裕で走る大人のなせる技です。